ガンガン集客、儲かる商用ホームページが無料で作成出来る! 商用ホームページ無料作成講座

0円でスタート出来る! 商用ホームページ無料作成講座 » 2. 商用ホームページを持つ前に

2. 商用ホームページを持つ前に

商用ホームページを持つ前に

個人商店や小さな会社で、ホームページを考えた場合の基本的なことをお話します。

ご自身の商売用のホームページを制作・運営するにあたって、まず念頭に置いていただきたいことは、そのホームページの目的を明確にすることが、とても重要になってきます。

当然、その目的により、サイト内のコンテンツ(絵やテキストなど)の内容も変わってきます。

 

一般個人のホームページは別として、商売用のホームページの場合、大きく分けて以下の2つの目的に分かれると思います。

A. 新商品や新しいサービスの告知のために利用する場合。

 

B. 集客・販売・営業用に利用する場合。

 

“A” については、特にブランド力・資金力を持つ大企業が使う戦略の内の一つで、新製品のプレ発表と同時にその商品のために数種類のホームページやブログを立ち上げるのが常識となってきています。

その後、TVCMなどが追いかけるように目につくようになるわけですね。

個人商店や中小企業のホームページの場合は、主に “B” を目的としてホームページを作ることになります。

 

ここで、

ホームページの開設も含め、制作・運営・更新作業を業者に依頼をする(外注する)場合は、注意が必要。 

そして、下準備もせずに目的や方向性がハッキリしないまま外注することも、出来るだけ避けたほうがよい...ということです。

「ホームページを持てば、確実に売り上げが上がります」....という売り文句を話の上で前面に出してくるようなところもほとんどの場合要注意....問題外です。

それなりにキチンとした業者であれば、話を聞いた後(インタビューの後)、ご提案という形で、たたき台を持ってきてくれるところもありますが、初めての場合は見極めが難しいのも現実です。

 

なので、個人商店や小さな会社で、特に地域に密着した商売を営んでいる場合は、出来ることならオーナー自らが作成・運営・更新するか、担当の方を決めて運営していくことをおすすめします。

理由は、ホームページの更新などをお願いすると、ヘタすると意思が伝わらなかった場合に変更作業が発生します。

当然ですが、時間もかかります。

ホームページの更新を業者に依頼したら、3日以上かかった….なんて言うこともザラにある話です。

 

ご自身でホームページを運営していくことによって、

更新したいときにすぐに更新でき、確実にホームページ運営に掛かる経費も抑えることが出来ます。

業者に依頼する場合は、どうしてもご自身で作ることが出来ないFlashアニメやバナーの制作依頼程度にとどめておくのが良いでしょう。

 

地域密着型の商売用ホームページは、オーナー自らが運営・更新する。

もしくは、社員の中から担当を決めて運営する。 業者まかせにしない。

....これらを基本として運営することをおすすめします。

 

Click

[ 商用ホームページ無料作成講座 ]